無苦庵TV第28回『オフィスでバレずにできる!頭スッキリセルフケア』

無苦庵TV

真美:皆さんは仕事の休憩時間、どのようにリフレッシュされていますか?
今日はどこでも簡単に出来るリフレッシュ方法をお届けしたいと思います。それではお願いします。

腹式呼吸が基本です

まなぶ:オフィスで簡単に出来るセルフケアの方お教えしていきたいと思います。動きを入れてしまうとちょっと場所など制限が入ってしまうので、今日は座った状態で簡単に出来る呼吸法をお教えしていきたいと思います。

ベースとしては腹式呼吸。何回か前に動画でお伝えしているので、それはまず基本としてやってください。腹式呼吸を鍛えるのに、最初は寝てやっていただくんですけど、慣れてくると座った状態でもできます。今回はそれを応用した形になります。

まず、オフィスでも普通に座っていただいていると思うので、その状態で普通に座ってください。パソコンをやりながらでも実はできてしまうんです。

血流が決め手

呼吸をしながら、吐くときに頭のてっぺん。てっぺんに呼気を吐いていくイメージで息を吐いていくんです。もちろん出てるのは鼻から出てるんですけど、てっぺんから呼吸を出していくってイメージを持ってやってもらいたいんですね。

そうすると、本来鼻というのは見えている部分だけではなく後ろの方にも広がっているんですが、その鼻腔まで呼吸をこう通していくことによって、呼吸が深くなるので、頭の血流が良くなり、もやもややイライラしてた感じが軽減されるんです。なので是非ともちょと、あーこんをつめて疲れてきたなという時にはやってみてください。

真美:はい、ありがとうございました。どこでも誰にも気づかれずにできるってところがいいですよね。

院長:そうですね、パソコンやりながらちょっと疲れてきたなという時にリフレッシュできますので。

真美:セルフケアをお教えしてもからだをこう動かすと出来る場所がないとか見られてるとちょっと恥ずかしいとかっていう方もいらっやるので。これだとどこでも、電車の中でもできて良いですね。

院長:自然な動きってなかなかそれだけ抽出してくると変な動きなんですね。

真美:そうですね!私も家でやってると親にまた変なのやってるって言われたりもしますけど。

院長:なのでオフィスでやっていても誰も気づかない、っていう感じですね。意識だけがこう、てっぺんにいってるので、そうすることによって脳に血が行くので、仕事の効率もアップできる。

真美:はい、そうですね。じゃあ是非こうイライラしている時とかもやもやしている時にさりげなく呼吸を頭に通していただいて、すっきりしてまた仕事に戻って頂ければと思います。それではまた次回お楽しみに。ありがとうございました。

院長:ありがとうございます。