無苦庵TV第23回『目的によって違う!正しい歩き方』

無苦庵TV

正しく歩いていますか?

まさみ:さて、みなさんは正しく歩けていますか?この「歩く」という動作、日常的に行っていますが、実は全身運動なので、健康にとっても一番良い運動になります。
今日は正しく歩けているか?正しい歩き方についてお届けしていきたいと思います。

歩行は全身運動

院長:健康のためにスポーツをやったり、走ったり、歩いたり、という方いらっしゃると思うんですが、その中で一番健康のために良いというのが「歩く」ということです。
歩くのは全身運動なので、一か所だけの筋肉を使って運動する、というわけではなくて、全身をバランス良く使えるので健康のためにすごく良いんです。
しかし、間違って身体を使っていると、せっかくの効果が半減してしまうので、今日は良い歩き方をお教えしたいと思います。

全身の血流を良くするポイント

まず多いのが、すり足で歩いている方。
こう歩くと、足の筋肉をうまく使えないので、足に疲れがたまりやすくなります。
ふくらはぎを使うことができないので、血流が悪くなったりします。
歩いているとあったかくなっている方というのは、きちんとふくらはぎを使えている証拠です。

次に多いのが、足を大きく上げて、手も大きく動かす歩き方。
これは、ダイエットのためなら良いと思いますが、健康のためとしては、もっと他に気を付けたいポイントがあります。

健康のために歩いて頂くには、足首を良くつかうこと。まずかかとから着いて、重心を前に移動し、親指の拇指球で踏み切ります。これを大きく動かしていくというイメージで動くとふくらはぎを上手に使うことができるので、全身の血流がよくなっていきます。

目的によってどこに気を付けたいかが変わる

先ほども軽く触れましたが、目的によって歩き方は変わってきます。
ダイエットのためなら大きく動いたり、健康のためなら足首をしっかり使って動かした方が効果的、など目的によって変わってきます。
なので、自分が何を目的に歩いているのか?というのを再度確認していただいて、目的にあった方法で行って頂くのが何より近道になります。

日常の「歩く」を気を付けてみましょう

まさみ:ただ「歩く」といっても毎日行っていることなので、それを正しく歩いてもらうだけで大分身体への影響や効果が変わりますよね。

院長:そうですね。オフィスでずっと座っている方とかも、ちょっと荷物を取りに行くときなどに今の事に意識して歩いていただくだけで全然変わってきます。

まさみ:運動で気を付けてウォーキングをされている方だけではなく、普段から気を付けていただくと身体も喜ぶ、ということですね。
院長:そうですね。

まさみ:ではぜひ皆さんも今日から「正しく歩く」ということを意識してやっていただくだけで身体は喜びますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

それではまた次回お楽しみに、ありがとうございました。

院長:ありがとうございます。