無苦庵TV第22回『洗面台での洗顔、こんな間違いしていませんか?』

無苦庵TV

洗顔の時に腰が痛くなるあなた必見!

まさみ:今日は洗面台で顔を洗う時、こんな間違いしていませんか?をお届けしていきたいと思います。あなたが知らず知らずのうちにわざわざ身体に負担のかかる使い方をしていないかぜひチェックしてみてください。
それではお願いします。

腰だけ曲げていませんか?

院長:洗面台がないので、絵をかいて説明します。
洗面台で顔を洗う時、洗面台の前にたって腰を曲げて顔を洗っていませんか?
こうすると腰にダイレクトに負荷がきてしまうので、これをやめるためには…

ポイントは膝

膝をちょっとゆるめて曲げて頂きます。
そうすると、膝のクッションが使えるようになります。負荷が腰だけでなく、腰と膝と二つに分散することができます。
強いていえばさらに、足のアーチの部分も使うことがでるんです。

この土踏まずのアーチと膝のクッション、そして腰を使えるので負荷が分散することによって腰だけに負荷がくるのではなく、全身で受けることができるため、腰への負担が減り腰の痛みが軽減します。

まさみ:ありがとうございました。
本当にちょっと膝を緩めるだけですが、やるとやらないとでは大きく変わってくるんですよね。

院長:腰だけで支えようとすると、つらくなりますが、それを全身で使ってあげると一点だけにかかる負荷が減るので痛みが軽減されるんです。

日々の小さな積み重ねが大きな違いに

まさみ:こういった身体の痛みというのは日々の小さな積み重ねでたまりにたまって痛くなってしまうので、ぜひ今日から顔を洗う時には「ひざをゆるめる」ということに気を付けてみて頂きたいと思います。

それではまた次回お楽しみに。
ありがとうございました。

院長:ありがとうございます。