無苦庵TV第17回『骨盤の歪みチェックとお手軽調整法』

無苦庵TV

あなたの骨盤、歪んでますか?

(まさみ)最近テレビや雑誌でよくきくようになった「骨盤の歪み」。「腰痛の原因は骨盤の歪みにある!」「不調の原因は骨盤の歪みにあった!」など、良く見聞きすると思いますが、実際、あなたに骨盤の歪みがあるのかないのか、ご自身で簡単にチェックできる方法はご存知ないですよね?今日はそのチェック法と歪みの整え方をお届けしたいと思います。
それではお願いします。

骨盤の歪み簡単チェック法

(院長)まずは骨盤の歪みをチェックしていきましょう。
まず、ベッドや布団など、寝られる場所に移動してください。
寝た状態で膝を曲げます。
膝を曲げたまま、左右に動かしてみてください。
すると、どちらか動かしずらい方があると思います。

例えば右側に倒すときは倒しやすい。
左側に倒すときは倒しずらい、という場合。

骨盤は右側にずれてしまっています。
右側にずれているので、右側には倒しやすいけれど、左側に倒すときはつっぱってしまうので倒しにくくなります。

これが骨盤の歪みのチェックの仕方です。

骨盤の歪み、お手軽調整法

次に、歪みの調整法をお教えします。

先ほどと同じように膝を曲げて寝ます。
そして、先ほど倒しやすかった方に膝を倒します。(例では右側)
その時に、首はお腹を中心にして膝と逆側の左側に倒していきます。

この状態で15~30秒くらい気持ちの良い感じを味わってください。
気持ちよさが収まったらもとの位置に戻していきます。

それが終わったら、最初に行ったチェック(左右に膝を倒す動き)を再度行います。
すると左右に倒した時に先ほどは倒しにくかった方もスムーズに倒れるようになります。

歪みが改善!

これが、骨盤の位置が元に戻りましたよ、というサインです。
骨盤が右に歪んでいると左には倒しづらくなりますが、骨盤が元の位置に戻ってくれると、左にも倒しやすくなるんですね。

もしも最初のチェックで左の方が倒しやすかったという方は、逆の動きを行ってください。
膝を左側に倒し、首は右側に動かします。
すると骨盤の位置が元に戻ります。

両方に倒す動きを行った方が良いのではないか?
と思われる方が多いのですが、両方行うと元の歪んだ位置に戻ってしまうので、倒しやすい方だけ動かすのがポイントです。

お客様もびっくりの簡単セルフケア

(まさみ)ありがとうございました。
結構思ったより簡単で、お客様も実際施術中に体験されると驚かれていますよね!

(院長)そうですね。結構簡単に戻せちゃうんですよね・笑

(まさみ)簡単に戻っちゃうんですよね。

(院長)でも、簡単に歪ませることもできちゃうんですよ。例えば足を組んだりすると1、2分で歪んでしまうんです。なので、1日だいたい3回くらい、朝、昼、晩とわけて行ってください。

(まさみ)日常で歪んでいくものを少しずつ元に戻してあげることが大切ということですね。

(院長)そうですね、微調整してあげるつもりでやっていただけると一番良いです。

日々の積み重ねが大事

(まさみ)はい、わかりました。
ではこまめにですね、1日3回!お仕事されている方は1日2回、朝と晩に骨盤の歪みを整えていただいて、日々の歪みを日々少しずつリセットしていけるように、ぜひやってみてください。

それではまた次回お楽しみに。ありがとうございました。

(院長)ありがとうございます。