無苦庵TV第3回『痛みやコリはなぜ起きる?』

無苦庵TV

(まさみ)では今日は、『なぜ痛みやコリがでてしまうのか』をお届けしていきたいと思います。
例えば肩こり、腰痛などをお持ちの方は、肩がずっと痛い、腰がずっと痛い、肩がなにか悪いんじゃないか?など悩まれていると思うのですが、そもそもなんで痛くなってしまうんでしょうか。

痛みはからだからのサイン

(院長)基本的に、肩が痛いから肩が悪いってわけではないんです。
たまたま肩に老廃物がたまりやすくなってしまっている状況なので、肩に痛みがでる。
そして、「痛み」というのは「休んでほしい」から、からだが「動かさないでほしい」というサインを送るために出しているんです。
だがら痛みは悪いことではなく、「休んで」という合図だと思ってもらえるといいと思います。

(まさみ)慢性症状にお悩みの方はそれが積もりに積もってどうしようもない状態になってきてしまっている方が多いということですね。

原因はからだ全体のゆがみ

(院長)そうですね。なにをしたわけでもないのに慢性的に痛くなってしまう、というのはからだのゆがみがそうさせているので、ゆがみをとっていくことで、あとは勝手に自己治癒力で改善していきます。

(まさみ)ゆがみというのは例えば肩こりならば肩のゆがみ、というわけではなく、からだ全体のゆがみってことですよね。

(院長)そうですね。肩が痛いから肩がゆがんでいる、というわけではなく、ただ肩に老廃物がたまりやすい。それは全身のからだのバランスがそうさせている、ということです。

(まさみ)からだがゆがんでいることによって血が流れにくくなって、それが肩にたまっているということですね。

(院長)そうですね。病気というのは血がうまく流れていないからなってしまうんです。
なんらかの原因で血がいかなくなってしまっている。
なので、その血がきちんと流れない原因が分かればいい、ということなんです。
それが、全身をみていかないと結局はわからないので、からだ全体のゆがみをみて、「ここがせきとめていたんだ!」という場所のゆがみを整えていくんです。

(まさみ)無苦庵の施術だと、肩が痛いとご来庵された方でも、肩以外の場所からアプローチしていくこともあるということですね。

原因を改善していこう!

(院長)そうですね。例えば、骨盤のゆがみによって肩のバランスが崩れてしまって肩が痛いと感じているという方の場合、骨盤のバランスを戻さないとダメですよね。

(まさみ)肩が痛いからって肩をもんだりバキボキしたりしても、結局原因が別の、骨盤にあったら意味がないですもんね。

(院長)そうですね。もんだりバキボキすると、その時は確かにラクになると思うんです。その時すごいラクになるので、全く効果がないわけではありません。それはそれで良いと思うんですけど、長い目で見たときに自分がどうしたいかな、と考えていただければと思います。

(まさみ)無苦庵だとからだ全体のバランスをみて、どこが原因になっているのか、どういうからだの使い方がゆがみの原因になっているのか、というのを、院長が教えてくれる、ということですね。

(院長)はい、お教えします。
人によっても原因は全く違うんです。肩こりの原因、腰痛の原因、頭痛の原因、全部違います。

痛みの原因はひとりひとり違うので、解決法もひとりひとり違います

(まさみ)結構テレビなんかだと「肩こりに効く」とかよくやっていますけれど、その「肩こり」というのが一種類ではなくて、色んな原因の肩こりがあるから、おからだをみせて頂いて、その方に一番あったアプローチじゃないと、せっかく対策をしても意味がない、ということですよね。

(院長)そうですね。

(まさみ)じゃあその一番あったものを院長がアドバイスしてくれる、というわけですね。

(院長)そうです。

(まさみ)「痛みやコリはなぜ起きる?」の答えとしては、からだ全体のゆがみによって、そこに痛みやコリが生じてしまっている、ということですね。
そこだけが悪いと思わずに、全体に目を向けよう!というのが今日の大事なところです。
では今日はここまで。また次回お楽しみに。ありがとうございました。

(院長)ありがとうございます。